北大理論化学研究会:実践理論化学の最前線(2017年11月16日〜17日開催)

北大理論化学研究会:実践理論化学の最前線

趣旨:
理論化学研究の最前線に関する情報共有と研究者間の交流を目的とする。特に、実際に現場で理論計算を実践している研究者を中心に講演して頂き、最先端の学術的知見に加えて現場で必要となる技術的な知見やノウハウまで含めた情報交換を目指す。

日時:2017年11月16日(木)〜17日(金)
場所:北海道大学創成科学研究棟5階大会議室

参加登録費:研究会参加費は無料、懇親会は有料
主催:北大量子化学研究室
共催:北大触媒理論研究部門、京都大学触媒・電池元素戦略研究拠点(ESICB)
世話人:武次徹也、長谷川淳也、中山哲、小林正人、岩佐豪、高敏

プログラム
一日目(木曜日)凝縮系の電子論、振動状態、理論分光学の最前線
08:30-09:00 受付
座長:岩佐豪
09:00-09:10 会議全体の趣旨説明
09:10-10:00 招待講演:水上渉(九州大学総合理工研究院)
10:10-11:00 招待講演:八木清(理化学研究所)
“GENESISを用いたQM/MM計算:生体分子の振動解析と反応経路探索”
11:00-14:00 昼休み
14:00-14:50 招待講演:東雅大(琉球大学理学部)
15:00-15:50 招待講演:神谷宗明(岐阜大学地域科学部)
15:50-18:00 ポスター、議論
19:00- 懇親会

二日目(金曜日)実践的触媒理論の最前線:量子化学計算・バンド計算を駆使した不均一触媒研究の実践に関する最先端の状況や方法論・技術交流
座長:高敏
09:00-09:10 二日目の趣旨説明
09:10-10:00 招待講演:小泉健一(分子科学研究所)
“不均一触媒の第一原理計算と第一原理分子動力学計算:クラスターと固体表面を例として”
10:10-11:00 招待講演:Andrey Lyalin(物質・材料研究機構ナノ材料科学環境拠点)
11:00-14:00 昼休み
14:00-14:50 招待講演:高木望(京都大学触媒・電池元素戦略研究拠点)
15:00-15:50 招待講演:松井正冬(京都大学触媒・電池元素戦略研究拠点)
15:50-18:00 ポスター、議論

参加申込み、お問い合わせなど:
本研究会へのお申し込み、お問い合わせなどについては、以下のURLをご覧下さい。
https://wwwchem.sci.hokudai.ac.jp/~qc/theochemsympo2017/