朝日新聞「科学の扉」に山田拠点教授の研究が紹介されました。(2019年11月)

2019年11月4日付け朝日新聞朝刊の「科学の扉」欄に

『進むリチウムイオン電池 不燃化と長寿命化、「脱炭素社会」の支え手へ』

として、山田拠点教授(東京大学大学院工学系研究科教授)らが開発してきた電解液のリチウムイオン電池への応用研究が、山田教授のコメントともに掲載されました。

同じ記事の冒頭部分を、下記URLの朝日新聞デジタル版で見ることができます。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14242748.html